恒心会 おぐら病院 KOHSHINKAI OGURA HOSPITAL

お問い合わせ 0994-44-7171
ホーム >  診療科紹介 >  リハビリテーション科
診療のご案内

診療受付時間

◎月曜日〜金曜日

  8:00〜11:00

(初診・紹介の方)

 予約・急患の方

◎土曜日

  8:00〜11:00

休診日

土曜日午後・日曜・祝祭日・年末年始

診療スケジュール

詳細な診療スケジュールは
こちら

恒心会 スタッフブログ
日本医療機能評価機構「認定証」取得

リハビリテーション科

県下最大規模の専門病床
県下最大規模の専門病床

当院は県下最大規模のリハビリテーションの専門病床を有し、患者さんの「日常生活動作(ADL)の向上」と「在宅復帰」を目標に、特に回復期のリハビリに力を入れています。

リハビリ室でトレーニングをすることだけがリハビリではなく、患者さんとご家族に自宅で生活ができるという自信を持っていただくことが重要だと考え、患者さんの日常生活に近い環境を病棟内で作り、自然な形で日常生活動作(ADL)を取り入れたリハビリを実践しています。

患者さん中心のリハビリチーム

患者さん中心のリハビリチーム

入院患者さんの1日も早い回復を目指し、さまざまな資格を有する専門スタッフが、患者さんを中心としたリハビリチームを構成しています。

当院では、担当スタッフが最新の知識と技術をもって、一人ひとりの患者さんに適した訓練を行います。

また、リハビリ専門病床として長年培ってきたノウハウを生かして、機能回復にこだわった特色ある治療プログラムを取り入れています。

特色ある治療プログラム

特色ある治療プログラム
促通反復療法(川平法)
脳卒中後の片麻痺回復のためのリハビリ。麻痺した手や足を操作することで、必要な神経回路にピンポイントで刺激を伝え、自発的に動かせるように誘導します。根気よく繰り返し行っていくことで必要な神経回路を再建・強化し、麻痺の回復を促進させるリハビリです。
歩行リハビリ
一般的な歩行訓練はもちろん、多くの介助が必要な方には吊り下げレッドミルやさまざまな種類の下肢装具を使用、患者さんがご自分の足で立って歩くことにこだわったリハビリを行っています。
脳活性リハビリ
脳卒中や認知症などで記憶力、判断力が低下された方に対して、臨床心理士を中心に脳活性を目的とした回想法などのリハビリを行っています。
摂食・嚥下リハビリ
脳卒中などで自分の口から食べることが困難な方に対し、専門的観点から検査・評価し、治療や摂食訓練などを行います。

医師紹介

氏 名 資 格 得意分野
重信 恵三 副院長 日本リハビリテーション医学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
天野 夢子 医師 日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医