恒心会 おぐら病院 KOHSHINKAI OGURA HOSPITAL

お問い合わせ 0994-44-7171
ホーム >  診療科紹介 >  外 科

外 科

24時間対処できる「全身外科」
24時間対処できる「全身外科」

「全身外科」を合言葉に、診察・診断から検査・手術にいたるまで、幅広く担当しています。

基本的には消化器外科が中心ですが、内視鏡などの検査も担当し、胃・十二指腸潰瘍や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患等の内科疾患加療も行っております。

外傷や消化管出血などの救急(夜間・時間外も含む)に備えた外科医待機制もあり、24時間対処できる体制を敷いています。

幅広い手術、癌治療、緩和ケアに対応

幅広い手術、癌治療、緩和ケアに対応

手術は、胃、大腸(結腸・直腸)、肝臓、胆嚢、膵臓などの癌から、腸閉塞、ヘルニア(鼠径・大腿・臍など)、痔核、痔ろうなどの一般外科まで対応しており、腹腔鏡などの内視鏡下手術、大腸・胃ポリープなどの内視鏡的切除なども手掛けています。

また、手術後の細かなフォローアップや抗癌剤治療から、癌による痛みをやわらげるための緩和ケアにも対応し、特殊な検査・手術が必要で当院での対処が困難なケースに関しては、信頼のおける高次機能病院への紹介を行っております。

もちろん、セカンドオピニオンのご相談も受け付けています。

「完璧なるセットアッパー」を目指して

「完璧なるセットアッパー」を目指して

外科は幅広い分野に関わっており、野球で例えるならば「完璧なるセットアッパー」と表現できると考えます。

1次救急といわれるプライマリーケアは、最初に治療を受け持つ先発要員と表現できます。2次・3次救急は重傷を引き受ける高次機能病院ということで、中継ぎ、ストッパーと表現することができます。セットアッパーとは中継ぎのことですが、先発、ストッパーもこなせるのが「完璧なるセットアッパー」です。

当院外科は、1次救急はもちろん、2次救急も担える「完璧なるセットアッパー」を目標に診療を行っています。